ローンが残ってる共有名義物件の売却は可能?

ローンが残っている共有名義物件でも売却はできる

現在ローンが残っている共有名義物件があるけれども、ローンが残ったまま売却ができるのかと心配になっている人も多いかもしれません。
一般的に共有名義物件を売却する場合には、ローンの返済はもちろんのこと、税金に関することにも十分な注意が必要です。
売却の際に住宅ローンの残債が残っている場合には、残債を一括で返済しなければなりません。
売却資金によって全てを返済することができれば良いものの、反対に残債よりも売却価格が少なければ、自己資金を用意する必要も出てきます。
自己資金を支払う場合には、その物件の共有者のうち、誰がその費用を負担するのかを決めておくことも大切です。
また不動産を売却した上でその時に利益が出た場合には、税金も支払わなければなりません。
その税金に関しても、共有持ち分権者が負担する必要があるため、十分な注意が必要です。
一般的には持ち分割合に応じてその金額が決められることにもなりますが、話し合いによって決めることも十分に可能です。

名義人同士が納得して売却する必要がある


ローンが残っている共有名義物件を売却する場合には、共有者全員が納得した状態で手続きを行わなければなりません。
中には売却を渋る人がいるかもしれませんが、このような場合には、納得を得やすい方法を伝えていく必要があるでしょう。
その一つに一括査定を利用する方法があげられます。
査定だけであれば誰かの同意を得る必要もないのです。
この方法は売却を敬遠している人がいる場合には、その気持ちを前向きにさせるためには良いことといえます。
査定は1度の申請で複数の会社に手間なく行うことができる一括査定を利用するのが1番です。
納得できる売却価格について、説得力のある話ができるはずです。
また不動産の専門家に相談することも1つです。
特に住宅ローンが残っている共有名義物件の場合には、場合によっては手続きが複雑になる可能性も考えられます。
このような時に様々なケースの売却事例を経験してきた不動産会社の担当者であれば、効果的なアドバイスをもらえる可能性も十分に考えられるでしょう。

まとめ

このようなことから住宅ローンが残っている共有名義物件であっても、十分に売却が可能であることがわかります。
とは言え住宅ローンの残債がある場合には、残りを全て一括で支払う必要が出てきます。
売却した代金でローンにあてられることが1番の方法ですが、場合によっては売却益だけでは足りない場合もあります。
このような場合には、残りの金額は誰が支払うのか、全員で分割するのであればその割合はどうするのか等を、しっかりと話し合っていく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。