共有不動産の自分の持分のみを売却する

自分の持ち分だけ売却することは可能

共有不動産はネーミング通りに1つの不動産を複数人で共有している状態であり、簡単な話が権利についても複数人で共有している状態になります。
そのため1人で勝手に不動産を丸ごと売却するようなことはできませんから、基本的に持分だけを売却をするようなことになる筈です。

共有不動産は使い勝手が悪いので持っていても活用方法が限られていますから、早く処分したいと考えている人も少なくないと考えられます。
共有不動産を全体で売却をする場合は全員の賛同を得ないといけませんから、1人でも売却したくない気持ちを持っている人物が紛れていると全体では売ることはできないです。

持分を売却する方法もいろいろとあり、共有者に売却をするケースと業者に売るケースが大体のパターンになってきます。
共有者が買取をしたい場合はある程度の価格交渉はしないと勿体ないですが、第三者である業者に売却をする場合は相場より多少安くなっても妥協するしかないです。

早く売却をしたほうが問題を抱えるリスクが減る


共有不動産はその時点で所有者が複数人いることになりますが、相続などをすることでさらに共有名義の人物が増えるようなリスクがあります。
あまりにも共有名義の人物が増えた共有不動産を持っていると、誰が権利者なのか分からなくなるようなリスクもあるので、早めに売却をしてスッキリしてしまったほうが安心できます。

共有不動産でも税金や修繕費などの負担はしないといけませんから、面倒な不動産を抱えるだけでなく金銭的な負担も発生することになります。
税金なども長期的に負担するとかなり大きな金額になりますから、早めに売却をしたほうがお得です。

税負担などの部分で負担する金額で揉めることもあるので、共有不動産は本当に管理するのが大変だと考えておいて問題ありません。
持分だけを売却することについては他の共有名義の人に知らせる必要はありませんが、今後も親戚付き合いなどをする場合は事前に知らせておいたほうがいいかもしれないです。

まとめ

共有不動産は共有名義の不動産が該当してきますから、実際に持っている場合は早めに売却したほうが安心できます。
共有不動産の持分を売却する方法はいろいろとありますが、他の共有名義の人に売却をする方法と第三者である業者に売却する方法があります。

基本的に業者に売却する場合は、相場よりも安くなると考えられますから、どうしても手放したいときに利用するといいかもしれないです。
共有不動産は税金や修繕費で揉めるケースが多いので、早めに売却してしまったほうが満足度は高くなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。